rsync を利用して外付けHDDにバックアップ(CUIに慣れている人向け)

パソコンのバックアップを定期的に取らないと、OSの再インストール時に、一からやり直しになってしまって困ります。でも、バックアップのために複雑な手順を踏むのも面倒です。できればサクっとコマンド一発でバックアップしたい。そんなときはrsyncです。

  1. Windows向けrsyncであるcwRsync_2.0.10_Installer.exeをダウンロード
  2. cwRsyncをインストール
  3. インストール先(C:\Program Files\cwRsync\bin)にパスを通す

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。外付けHDDをEドライブと仮定。

C:> cd /d e:/
; コマンド実行によってコピー・削除されるファイルをチェック (パスの最後に / が必要なことに注意)
E:> rsync -avn --delete /cygdrive/d/home/ home/
; d:/home を e:/home にバックアップ
E:> rsync -av --delete /cygdrive/d/home/ home/

rsyncに関する情報は、rsyncを使った熟練者レベルのバックアップが手軽に参照できそうです。iPodiTunesの同期も内部的には、rsyncを利用してるのかなあ。